• トップページ
  • 代表挨拶
  • 会社案内
  • 事業内容
  • 採用情報
  • お問い合わせ

トップページ > 採用情報 > 社員インタビュー

社員インタビュー

  • ゼネラルマネージャ鈴木雄太
  • OS事業部 宮本真人
  • OS事業部 間野雄樹
  • 店舗開発事業部:八木征爾
  • オフィスサポーター ⇒総務人事部 人事課 佐竹晴佳
  • マーケティング事業部:秋山美咲
OS事業部 ゼネラルマネージャー

OS事業部 ゼネラルマネージャー

自分にしかできない何かを
見つけたかった

僕はもともと携帯電話やカーナビなどのシステムエンジニアをしていました。 システム系の仕事は数名でチームを組んでパッケージ開発していくのですが、業界的にはいくらでも変わりの人がいます。僕が明日いなくなっても他の誰かがすぐに仕事を引き継いでやれてしまう。それって、すごく効率がいいけどなんだか寂しくもありますよね。
自分じゃなければダメだ、僕の変りはそうそういない、そういう仕事に携わりたいと考えるようになっていました。エンジニアの時にはチームリーダーとしてマネジメントをする機会があり、自分には人と関わる仕事のほうが向いているという自覚もありました。それで、次の仕事は「人」と深くかかわる仕事がいいなと思っていました。

やりがい?ありすぎて困っています(笑)

エンパワーに入社した理由はまだ設立間もない会社でいろいろな仕事を任せてもらえると思ったから。買取りに興味があったわけではないのですが、キャリアプランが明確だったので、まずはスーパーバイザーから初めて自分に何ができるのか見極めたいと思いました。 入社して1年後にはマネージャーとして複数名の部下をもつようになり、現在はゼネラルマネージャーとして現場を離れ本社でスーパーバイザー管理も含めた事業部運営を行っています。「僕にしかできない仕事」を求めて転職したのですが、正直やりがいがありすぎて困っています。部下はもちろん、オーナーや店舗にいらっしゃるお客様、そして職場の仲間たち、毎日たくさんの「人」と関わりながら仕事ができています。

多くの人と関わる中で本当にたくさんのことを学んでいます。会社経営の一旦を担うところに自分の意見を求められる機会が増え、最近は現場だけでなく、会社目線でも物事を考えるようになりました。両面から思考することでバランスのとれた運営管理ができるよう意識しています。責任もやりがいも想定以上です。

仕事で大事なことは社長から学んだ

僕が入社して忘れられないエピソードがあります。それは僕が仕事で関わっている大切な方と結構大きなトラブルがあった時のことなのですが、
それを聞きつけた社長がすぐに僕に電話をくれました。その後社長と直接会って話をしたのですが、「お前は間違っていない。俺が何があってもお前を守るから」と言ってくれたんです。落ち込んでいた僕の気持ちを即座に汲み取って言動で示してくれたことが本当にうれしくて。

僕が仕事をするうえで大事にしているのは「人を第一に考える、人を否定しない。まずは話をよく聞いて意見する。」ということなのですがこれはまさに僕が実体験として社長からしていただいたこの経験が原点になっています。

OS事業部 ゼネラルマネージャー

会社が大きくなっても変わらないもの

今エンパワーは順調に成長しています。僕が入社したとき20名ほどだった社員数も今や100名を超える規模となりました。
事務所も広くなり、いろんな制度も整い、変化しています。
でもどんなに人が増えて会社が大きくなっても変わらないものもあります。
それは「人」を思いしっかり向き合うということ。時には思いが強すぎてうるさいとおもうこともあるかもしれません。
でもいまどきそんな会社ないと思いませんか? 本気で怒ったり、泣いたり、喜んでくれる人がいるってすごいことですよ。

僕はまだまだこれからやりたいことがたくさんあります。この会社でどっぷり人と関わりながら、新しいことにチャレンジしていきます。多くの人にとってエンパワーが自分の夢の実現の場所となるよう、一緒に頑張っていきたいと思います。

ページのトップへ

Copyright© 2015 En Power Co., Ltd. All Rights Reserved.